クアラルンプールに関空発着直行便の選び方と特徴・注意点と時刻表

マレーシア・KLCC講演・噴水マレーシア

マレーシアでも日本人に人気急上昇の特にクアラルンプールは西日本からのアクセスなら関空(関西国際空港)が便利です。

クアラルンプールには関空から直行便が出ています。

クアラルンプールに関空を利用して何度も行ったことのある経験を生かして、この記事では関空からクアラルンプールへ行く際の関空発着の主な便、直行便、時刻表を紹介していきます。

スポンサーリンク

クアラルンプールに関空発着なら

クアラルンプールへ関空発着で行くには、ANAJALなどの大手航空会社やエアアジアジェットスターなどのLCCが利用できます。

関空にはたくさんの飛行機が発着しているので、どの航空会社にしようか決めるのが大変ですよね。

私も初めて関空を利用した時にどのフライトにするのか悩んだ経験があります。

たくさんあるフライトの中から選ぶ時は、旅の予算、所要時間、快適さの3つのポイントに分けるといいですよ。

私は「今回の旅で自分が重視しているのはどれかな?」と考えてフライトを決めるようにしています。

例えば下記のようにカテゴリー分けすることができますよ。

・とにかく安く利用したいという人・・・エアアジアやジェットスターなどのLCCがオススメです。
・フライトの所要時間が気になる人・・・マレーシア航空やエアアジアXなどの直行便がオススメ。
・機内サービスを重視したい人・・・大手航空会社のJALやANAがオススメ。ベトナム航空は機内食が美味しいので個人的にオススメです。

関空からクアラルンプールへのフライトは、曜日によって発着している航空会社が異なります。

航空券比較サイトを利用すれば、その日に発着しているフライトを一度に確認することができますよ。

参考までに比較サイトのURLを貼っておきますね。

・スカイスキャナー

・スカイチケット

・エクスペディア

クアラルンプールへ関空から直行便なら

飛行機 ANA マレーシア

クアラルンプールへは関空から直行便で約6時間半のフライトになります。

マレーシア航空とエアアジアXの2社が運航しています。

マレーシア航空は機内サービスが充実していますが、その分チケットの料金は高め。

乗り継ぎが不安な人や快適なフライトを楽しみたい人に向いていると思いますよ。

クアラルンプールには通常の空港(KLIA)LCC専用の空港(KLIA2)がありますが、マレーシア航空はKLIAの発着です。

KLIAは関空のように空港内を電車で移動する必要があるので、現地で迷わないように気をつけてくださいね。

エアアジアXは直行便でありながらリーズナブルなので、旅費を安くおさえたい人の味方。

以前に中国経由の安いフライトでマレーシアに行ったことがありますが、乗り継ぎで大変な思いをしたことがあります。

安さを追求するなら個人的にはエアアジアXがオススメ。

ただし座席が狭い、機内食が有料、フライトがキャンセルになることがたまにある・・・など注意が必要な面もあります。

スポンサーリンク

クアラルンプールと関空の時刻表

マレーシア 空港 ペナン❸

クアラルンプールと関空の時刻表となる発着時刻は関空のホームページや航空券比較サイトから確認できますよ。

当日の発着時刻を確認したい場合は下記の関空のサイトからどうぞ。

本日のフライト情報 | 関西国際空港

チケットを予約する際の発着時刻は航空券比較サイトから確認できます。

・スカイスキャナー

チケットを予約する際に注意するとよい点をまとめみました。

チケット予約時の注意点
・国際線は3時間前には空港に到着している必要があるので早朝の便は注意。
・夕方に日本発のフライトだとクアラルンプール到着が深夜になる。(時間帯によっては空港バスや電車が出ていない場合があり、空港内やホテルで一泊する必要あり)
・あくまで予定時間なので、航空会社によっては1時間以上遅延する場合もある。

まとめ

クアラルンプールへの関空発着便はANA、JAL、エアアジアやジェットスターなどたくさん運航しています。

フライトを決める時は旅の予算、所要時間、快適さの3つのポイントを押さえましょう。

クアラルンプールから関空への直行便は機内サービスが充実したマレーシア航空と安さが売りのエアアジアXが運航。

旅行日当日のクアラルンプールへの関空発着時刻表を確認したい場合は関空のサイトから、チケット予約の際の確認は航空券比較サイトから確認できますよ。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました