マレーシア料理の特徴と調味料!家庭レシピのおすすめの美味しい一品

マレーシア・KLセントラルフードマレーシア

マレーシア料理は多種多様の食文化が入り混じっているのが特徴です。

マレーシアの料理の特徴も使用する調味料も民族によってさまざまです。

旅先で食べたマレーシアの味を家庭料理でも味わえたらいいですよね。

でも自分で作るのはレシピが難しそう…となかなかトライできない人もいるのでは?

マレーシア料理は難易度が高いイメージがありますが、実は家庭でも簡単に作ることができるんです。

私はときどきマレーシア料理を作りますが、スパイスや調味料などは日本でも手に入れることができますよ。

この記事ではマレーシア料理の特徴、調味料で欠かせないもの、定番の家庭料理レシピをご紹介していくので、もっと気軽にマレーシア料理を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

マレーシア料理の特徴

マレーシア料理は民族の食文化に大きく影響を受けているのが特徴で主に4つのジャンルに分かれています。

それぞれのジャンルの料理の特徴を簡単にまとめてみました!

マレー系の料理

マレーシアの焼き鶏
マレー系の料理は辛さの中にも甘さがあるサンバルソースが味の決め手です。

イスラム教徒向けの料理になるので、豚肉やアルコールの使用が禁止されているのも大きな特徴の一つ。

これはハラル料理とも呼ばれています。

ハラル料理は日本でも認知度が上がってきているので、聞いたことがある人も多いのでは。

ナシゴレン(炒飯)、ナシレマ、サテー(焼き鳥)、クエ(米粉のお菓子)などがマレー系の代表料理になります。

中華系の料理

マレーシアのナイトマーケット
中華系の料理は土地によって代表料理が違います。

例えば、広東料理なら飲茶、潮洲料理ならお粥といった感じ。

マレー系では使用が禁じられている豚肉を使った料理が多いもの特徴。

私がマレーシアに住んでいた時は、豚肉を食べるために地元のチャイニーズレストランに通っていました。

代表的な料理は、バクテー(豚の漢方煮込み)、チャークイテオ(米粉の焼きそば)、チキンライス、ヨントウフ(おでん)などです。

インド系の料理

マレーシア・バナナの葉カレー
インド系の料理は食材の違いはありますが基本はカレー。

チキンカレー、ベジタブルカレー、マトンカレーなど種類が豊富です。

いかにも辛そうなレッドカレーやイエローカレーが主流ですが、辛いのが苦手な私は辛みをおさえたグリーンカレーを食べていました。

ヒンズー教徒の料理なので、牛肉は使わないのも特徴です。

カレーと一緒にご飯、ビリヤニ(炊き込みご飯)やナン、チャパティ、ロティチャナイなど。

その時のお腹の空き具合によって選ぶことができますよ。

お皿の代わりにバナナの葉を使用したものを「バナナリーフカレー」といい、旅行者に人気のメニューです。

ニョニャ料理

マレーシアパイティ
マレーシアに移り住んだ中国人とマレー人女性の間に生まれた子供(プラナカンと呼ばれる)が作り出した料理。

マレー系のスパイスと中華食材の融合が特徴です。

マレー系では禁止されている豚肉も使用しており、マレー系と中華系のいいとこどりのような感じ。

パイティ(スナック)、ラクサ(ラーメン)、オタオタ(魚のすり身)などが人気です。

マレーシア料理調味料で欠かせないもの

マレーシア・調味料

マレーシア料理の調味料で欠かせないものと言えばサンバル

サンバルは唐辛子、玉ねぎ、にんにくなどを原料にしたチリソースの一種です。

サンバルソースは甘口のものから激辛のものまであり用途はさまざま。

調味料、ソース、タレなど日本の醬油のような感覚で使用されています。

チリソースもよく使われます。

唐辛子、にんにく、砂糖などを原料とした甘辛い味が特徴。

ナシゴレンパタヤ(マレーシア風オムライス)の上にかけたり、揚げ物につけたりして食べます。

オイスターソースは中華系の料理によく使われます。

日本では出番が少ない印象の調味料ですが、マレーシアのスーパーに行くといろいろなブランドのオイスターソースが並んでいますよ。

キチャップ・マニスは私が大好きな調味料のひとつ。

大豆由来の発酵調味料ですが、日本でいう甘口醤油のような存在。

主に中華系の炒め物や煮込み料理に使われますが、私が好きな食べ方はチキンライスにかけて食べる方法。

キチャップ・マニスと付け合わせのチキンスープをチキンライスの上にかけて食べるのがオススメです。

スポンサーリンク

マレーシアの家庭料理レシピで定番の代表的なもの

マレーシアの家庭料理

マレーシアの家庭料理といえばナシレマ。

ナシレマは日本のおにぎりのような感覚なのでランチにピッタリです。

【ナシレマのレシピ】

マレーシア・ナシレマ

  1. 米2合(できればタイ米)、水200cc、ココナッツミルク100cc、しょうがスライス4枚、レモングラス(あればパンダンリーフ)、塩小さじ1/4を炊飯器で炊く。
  2. お米が炊けたらお皿に盛りつけ、大き目にスライスしたキュウリ、半切ゆで卵、ピーナッツ、サンバルソースを添えたら出来上がり。

※ 物足りない場合は、唐揚げなどを添えてもいいですよ。

チキンカレーも定番料理のひとつ。

インド系やマレー系の家庭でよく作られます。

マレーシア・バナナリーフカレー

【チキンカレーのレシピ】

  1.  鍋に油を多めに入れ、温かくなったらクミンシード大さじ1/2とカレーリーフ1枚を入れる。香りが出たらみじん切りにした生姜ひとかけとにんにく2片を入れて炒める。
  2.  スライスした玉ねぎ(大1個)を入れじっくり炒める。
  3.  カレーパウダー大さじ2.5、粉唐辛子大さじ1/2、パプリカパウダー大さじ2を入れ、弱火でじっくり炒める。(焦げやすいので気をつけて)
  4.  骨付き鶏肉500gを入れ、スパイスをからめる。(弱火)
  5.  ココナッツミルク300ml、水200cc、塩小さじ1、砂糖小さじ1、じゃがいも2個、オクラ数本を入れて中火で煮込む。
  6.  野菜に火が通れば出来上がり。

※ マレーシアのカレーパウダーはBABA’Sのものがオススメです。

created by Rinker
Babas
¥5,000(2021/10/26 15:04:51時点 Amazon調べ-詳細)

ネットでも買うことができますよ。

まとめ

マレーシア料理の特徴は民族によって食文化が違いマレー系、中華系、インド系、ニョニャ系の4つのジャンルに分かれています。

マレー系では豚肉やアルコール、インド系では牛肉の使用がタブー。

中華系とニョニャ系には特にタブーはありません。

マレーシア料理に欠かせない調味料のひとつがサンバルソース。

煮込み料理から炒め物、ソースやタレにも使える万能ソースです。

定番の家庭料理ナシレマやチキンカレーは自宅で簡単に作ることができるので、ご紹介したレシピを参考にぜひ作ってみてくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました