韓国料理を食事に取り入れて美容へ!毎日の食事に五味五色文化を意識しよう

フルーツ韓国

韓国料理を食事にとりいれると美容に良いと言われています。

韓国の女性と言えば「透き通るような白い肌」というイメージがあり、どうしてあんなに素肌が綺麗なのか知りたいですよね。

私も韓国の友人のすっぴんを見て、毛穴レスの美肌に驚いた事があります。

その秘訣は韓国の毎日の食事にあります。

この記事では韓国の食事が美容になる理由、毎日の食事から分かる美の秘訣、薬膳料理の五味五色などをご紹介します。

スポンサーリンク

韓国の食事は美容に良い?

韓国の食事が美容にいいのか、韓国女性も韓国男性もお肌がキレイな秘訣はご飯にあるのでしょうか。

食事に対する意識が高い!

韓国女子のきめ細やかな素肌に憧れる人も多いですよね。

あの綺麗な素肌はどうやって作られているんでしょうか?その秘訣はズバリ食事に対する意識の高さ。

食事の時間をとても大切にしているので、どんなに忙しくてもきちんと食事を摂ります。

めんどくさいからお菓子で済ませようなんていうことはしません。

どんな時でもご飯、スープ、野菜などきちんとしたメニューで食事を摂るのが習慣になっています。

韓国で美容に良いとされている食習慣

果物をよく食べる

韓国ドラマでは果物を食べるシーンをよく見かけますよね。

日本でも果物を食べる習慣はありますが、韓国の場合は食べる量が違います。

韓国では果物を買う時はキロ単位か箱で買うのが基本。

食後には必ず果物を食べますし、お酒のおつまみに食べる人もいます。

韓国で人気の果物はメロンやウリに似ている「チャメ」熟した柿「ホンシ」があります。

日本人には馴染みのない果物かもしれませんが、韓国に行った際にはぜひ食べてみてくださいね。

とにかく水を飲む

韓国では美肌の女優さんが1日2リットルの水を飲んでいることから、多くの人が真似をするようになったそうです。

年齢より10歳以上若く見える私の友人も、美肌の秘訣は水をたくさん飲むことだと言っていました。

確かに水を飲むとお通じが良くなって肌の調子も良くなりますよね。

韓国は日本より乾燥しているので特に水を飲むことへの意識が高いのかもしれません。

スープを飲む

韓国料理はスープのメニューが豊富です。

豆腐や肉、魚、野菜などいろいろな種類があり、スープからたくさんの栄養を摂ることができます。

また、韓国のスープには化学調味料の代わりに薬味や野菜など自然のものを使っているので、身体が温まり老廃物を溜めにくくなるというメリットもあります。

デトックススープを飲むことが習慣になっているので、肌を良い状態に保つことができそうです。

えごまを食べる

えごま
日本でもエゴマオイルが良い、「血液をサラサラにする」と注目されつつある「えごま」は、韓国の食卓に欠かせない食材。

シソのような見た目で独特の香りがあり、キムチに使ったり焼肉を巻いて食べたりします。

ナムルを作る時にゴマ油の代わりにえごま油を使う人も多いです。

えごま油は熱に弱いので、野菜に和えたりしてそのまま摂るといいですよ。

寝る前にティースプーン1杯のえごま油を飲むとお通じが良くなるのでオススメです。

また、えごまの実には抗酸化物質の「ポリフェノール」が多く含まれており、エイジングケアに欠かせないと注目されています。

ゆず茶を飲む

美肌に良いと日本でもメジャーになりつつあるのが、ゆず茶です。

体が温まるので冬になると飲み始める人も多いと思います。

ゆず茶とは柚の皮を砂糖とハチミツと一緒に煮詰めたジャムのようなもので、韓国では昔からある伝統的なお茶です。

ジャム状になった柚子の皮や果肉にお湯を注いで飲みます。

柚子に含まれるクエン酸やペクチン、カリウムなどが疲労回復や血行促進、むくみ解消に繋がり美肌へと導いてくれます。

ヨーグルトに入れたり料理に使うなどアレンジすれば、毎日の食事に摂り入れることができますよ。

韓国女子が避けている食習慣

塩分を摂りすぎない

韓国料理というと味が濃いというイメージがありますが、実はキムチやチゲ鍋は塩分控えめです。

チゲ鍋の濃厚な味わいは塩分ではなくキムチ、ニラ、アサリなどから出る旨み成分が作り出しています。

塩分の摂りすぎはむくみの原因になるので、塩分の摂りすぎには注意が必要。韓国では美容のために減塩して生野菜を食べるという人もいますよ。

化学調味料を避ける

韓国では化学調味料を使うことがあまり良いこととされていません。

インスタント食品を避けたり化学調味料は絶対に使わないという人もいます。

キムチや味噌なども既成品ではなく自家製を作る人が多く、私の友人もキムチや味噌は全て手作りすると言っていました。

出汁は天然のものを使ったり具材の旨み成分や薬味を上手に使って料理し、化学調味料を使わない傾向にあります。

脂を摂りすぎない

日本では焼き魚やステーキなど素材をそのままで食べることが多いですが、韓国では肉や魚はサンチュやえごまなどの野菜に包んで食べる文化があります。

サムギョプサルは脂っこいイメージですが、カリッと焼くので程よく脂が落ちています。

さらに大量の野菜と一緒に食べるのであっさりしていてヘルシー。

私も何度が韓国の焼肉を食べたことがありますが、肉よりも野菜でお腹がいっぱいになりましたよ。

肉と野菜を一緒に食べる食文化が韓国女性の美肌に繋がっています。

小麦製品を避ける

韓国では小麦粉に含まれるグルテンが胃腸の働きを弱めると小麦粉製品を避けている人が多くいます。

特に体調の良くない時には食べるのはNG。

最近は日本でもグルテンフリーが流行っていますが、韓国でもグルテンフリーが美容やダイエットに良いと再注目されていますよ。

食事以外での美容に良い習慣

デトックス

韓国ドラマや韓国映画でよく見るサウナのシーン。

汗をかいてデトックスする美容法は韓国の人にとって切っても切り離せない生活の一部です。

サウナやよもぎ蒸し、岩盤浴などが併設されているスーパー銭湯に毎週通っている人も多くいます。

サウナでたくさん汗をかいてたくさん水を飲むと新陳代謝が上がり、肌の状態を良くしてくれます。

美容クリニックを利用する

韓国では女性だけでなく男性も肌が綺麗な人が多いですよね。

男女問わず美意識が高いため美容クリニックをよく利用します。

そのため街にはたくさんの美容クリニックがあります。

例えばニキビができたら自己流でケアするよりも病院で治療するのが普通。

サプリや美容クリニックも日本より安価なため、気軽に利用することができます。

休日は肌を休める

休日はメイクをしないですっぴんで過ごすのが韓国女子の常識。

韓国の女優さんやアイドルがノーメイクで過ごすオフショットを見かけることがあると思います。

韓国ではメイクした肌よりも素肌の美しさを重要視するので、休日に肌を休めることは大切なスキンケアの一部になっています。

日焼けしない

とにかく日に焼けないというのは美容の鉄則ですが、韓国では日焼け対策が徹底しています。

日焼けクリーム以外にも体の内側から日焼けを防ぐという飲む日焼け止めなんかもあります。

幼い頃から外で遊ぶ習慣がなく学校の部活動もないそうなので、日本の生活習慣とは大きく違いますね。

韓国女子の白い肌は長年の生活習慣の結果と言えます。

徹底したスキンケア

韓国は日本よりも寒くて乾燥しているので、スキンケア(特に保湿)を大切にしています。

スキンケアにかける時間は日本人女性の約2倍と言われていますが、韓国のスキンケアには10段階のプロセスがあります。

  1. オイルクレンジング
  2. ウォータークレンジング
  3. 角質ケア
  4. 化粧水
  5. エッセンス
  6. 美容液(アンプル)
  7. シートマスク
  8. アイクリーム
  9. 保湿クリーム
  10. 日焼け止め・ナイトクリーム

これだけ手間とお金をかけていればあの美しい肌にも納得ですよね。

私も韓国のアイクリームやアンプルを愛用していますが、肌がとてもしっとりするので手放せません。

美肌を追求したスキンケア用品と徹底したスキンケアが韓国女性の美肌を支えています。

韓国の毎日の食事に美の秘訣がある?

キムチ

美容の秘訣その① キムチ

韓国では、毎日食卓に並ぶ発酵食品としてキムチが有名です。

日本では白菜のキムチが主流ですが、本場韓国では白菜キムチ以外にもいろいろな野菜のキムチがあります。

あまり知られていませんが、韓国では野菜に薬味を漬け込んだ発酵食品のことをキムチと呼びます。

それで野菜の数だけキムチの種類があり、さまざまな甘さや辛さのキムチがあります。

食べ方もいろいろでおかずとして食べたり、冷麺にいれたり、鍋に入れたりと無限大のバリエーション。

韓国でキムチが愛される秘密は、毎日食べても飽きないバリエーションにあるのです。

発酵食品のキムチは美容に繋がる食材として有名です。

キムチには美肌に欠かせないミネラルやビタミンB群が豊富に含まれています。

またトウガラシのカプサイシンの働きで、新陳代謝を高めて冷え性を改善するというメリットもあります。

さらに乳酸菌がたくさん含まれているので腸内環境調整となる腸活や、免疫力向上も期待できるなどいいことづくしです。

腸内環境が滞り便秘をするとお肌にてきめんに出てしまいますので、腸活をすることでニキビを始めとする肌トラブルの改善にも繋がります。

美容の秘訣その② トウガラシ

韓国料理の特徴の1つと言えば独特の辛さ!ですよね。

韓国料理ではニンニクやネギなどの薬味が良く使われますが、その中でもダントツの摂取量が「トウガラシ」です。

トウガラシの成分のひとつにカプサイシンという体温を上げる成分が含まれています。

カプサイシンは新陳代謝を上げて脂肪を燃えやすくすると言われます。新陳代謝が上がると発汗等も促してくれるため、お肌の調子が整いむくみの解消が期待できますよ。

また、基礎代謝が高まることで肌のターンオーバーが正常に働き、結果的に美肌をキープすることができます。

トウガラシには他にも血の循環を良くし栄養分の吸収率をアップさせる効果もあります。

料理にトウガラシを使うことで、他の食材の栄養分の吸収率を上げることもできます。

美容の秘訣その③ 野菜

韓国は野菜の消費量が高く、日本人の2倍近くは野菜を食べていると言われています。

韓国のお店では小皿にのったナムルやキムチが必ず出てきます。

ナムルもキムチも野菜のおかずなので、韓国料理を食べれば毎食必ず野菜を摂ることができます。

また韓国には「サム(包んで食べる)」という言葉があり、なんでも野菜に包んで食べることが好きです。

焼肉も魚もそれだけで食べることはなく、大量の野菜で巻いて食べるのが当たり前。

サンチュやえごまなどビタミンやβ―カロチンが豊富な野菜と一緒に食べるので、抗酸化作用が期待でき肌にもいいですよ。

韓国の女性は野菜を食べると綺麗になれると考えている人が多くいます。

美容のために積極的に野菜を食べる意識の高さと韓国の食文化が、女性の美しい肌と関係しています。

スポンサーリンク

韓国の食事は五味五色が基本

ビビンパ

五味五色とは?

五味五色とは、5色の食材(青・赤・黄・白・黒)を5種類の味付け(甘味・酸味・塩味・苦味・旨味)にして食べる薬膳料理のこと。

韓国では「薬食同源」つまり日々の食事は体調を整える薬であるという考えが古くからあり、薬膳料理の文化が根付いています。

五味五色は韓国の家庭料理にも反映されているので、栄養バランスの良さや野菜をたくさん摂る食事法が定着。

体の内側の美しさが外側の美しさに繋がるという韓国女性の考え方のベースになっています。

古くからの食事を大切にする考え方が、素肌の美しさを大切にする習慣と繋がっています。

美容に良い料理

ビビンバ

その五味五色が味わえる最強の料理と言えばビビンバ。

五色の基本(青:緑野菜、赤:唐辛子、黄:卵黄、白:卵白、黒:海苔)が全てご飯の上にのっています。

一度でたっぷりの野菜を摂ることができる優れた料理なんです。

野菜やキムチの発酵パワーは便秘の解消に繋がりますし、トウガラシなどの香辛料によるデトックスも期待できます。

ほかにも脂肪燃焼や新陳代謝アップによる冷え症の改善などいいことづくしの料理です。

サムゲタン

鶏肉と薬膳食材をじっくり煮込んだサムゲタンは韓国の伝統的な料理です。

鶏を丸ごと煮込むことでタンパク質やコラーゲンをたっぷり摂ることができます。

鶏から溶け出したコラーゲンの量は1食5000mgほどになるので、スープを最後までしっかり飲み干しましょう。

また、鶏のお腹にニンニク、高麗人参、栗、なつめなどの薬膳食材をつめて煮込むので、体を芯から温めることができます。

美肌に欠かせない栄養素をしっかりとることができ、冷え性の改善にも繋がるので美容のためにぜひ摂り入れたい料理です。

コンナムルクッパ

コンナムクッパとは豆モヤシのスープごはんのことで、豆もやしの産地である韓国全州の料理です。

豆もやしは新陳代謝を高め肌の潤いを保つことができると言われています。

またビタミンも豊富なので、美肌に必要な栄養素を摂ることもできますよ。

コンナムクッパはアツアツの鍋でたくさんの豆もやしと生卵、長ネギ、薬味を煮込んで食べるので、体も温まり冷え症の改善も期待できます。

まとめ

韓国の食事で美容に良い食習慣のひとつに、果物やえごま、水をよく飲むことやゆず茶、スープを飲むことがあります。

肌に良くないと言われている化学調味料や脂、小麦製品をなるべく摂らないようにすることも大切です。

韓国人は毎日の食事にキムチや野菜食べ、トウガラシを摂ることでデトックスによる肌トラブルの改善や抗酸化作用によるアンチエイジングになっているのではないかと推測されます。

美容に対する日々の努力に加えて、韓国の古くからの食事法である五味五色は、「内側から美しく」という韓国女性の食事と美容への意識の高さに繋がっています。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました