韓国の食事マナーと箸文化その箸の名前!韓国箸おしゃれおすすめ5選

韓国の箸(チョッカラ)韓国

韓国ドラマの食事シーンは、箸よりスプーンをよく使っている印象がありますよね。

韓国では箸でご飯を食べるのはマナー違反なの?と疑問に思う人も多いのでは…。

韓国語の箸の名前「スジョ」の意味やお家で韓国気分が味わえるおしゃれな箸セットもご紹介していきますよ。

日本ではNGの箸にまつわるマナーが韓国ではオッケーなんてことはよくあります。

私も最初に韓国を旅行した時は箸のマナーが分からなくて困りました。

でも韓国に詳しくなるにつれて日本のマナーとの違いについて分かるようになった経験を元に、この記事では韓国の食事に関する箸のマナーについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

韓国の食事シーンの箸マナー

韓国スープ

韓国では箸(はし)とスプーンはセット

海外ではナイフとフォークがセットですが、韓国でのカトラリーはスジョといい、箸とスプーンのセットです。

箸とスプーンの配膳

日本では箸やスプーンは単体で配膳することが多いですよね。

韓国では箸とスプーンは必ずワンセットで配膳します。

日本のように箸だけを単体で配膳することは韓国ではありません。

ほとんどの料理を箸だけで食べる日本とは違って、韓国では箸とスプーンをおかずやご飯に合わせて使い分けます。

韓国料理は箸もスプーンも両方使うので、食事の時は箸とスプーンの両方を配膳します。

箸の使い方

箸はおかずを取る時に使うというのが韓国の食事マナー。

小皿や大皿のおかずや焼肉など汁物系ではないものは箸で食べ、それ以外はスプーンで食べます。

韓国ではお椀に入っているものはスプーンで食べますが、麺類に限っては例外。

麺をスプーンで食べることはできないので、麺類は箸を使って食べます。

韓国の箸は日本の箸より長いのでどうやって持てばいいのか気になりますが、箸の持ち方は日本と同じなので安心して下さいね。

スプーンの使い方

韓国に行って驚いたマナーの1つがご飯(白米)をスプーンで食べるというマナー

日本では箸が使えない小さな子供がスプーンでご飯を食べるイメージがありますよね。

韓国では子供からお年寄りまでみんなご飯をスプーンで食べます。

諸説ありますが「汁物系が多い韓国料理を箸のみで食べるのは非効率だ」というのが理由の1つ。

また、お椀を手で持ち上げてご飯を食べたり汁物をすする文化がないというのもスプーンをよく使う理由の1つになっています。

すすり文化のない韓国ですが冷麺の時だけは例外で、お椀に口をつけてスープをすすってもマナー違反にはなりません。

基本的に汁物はスプーンを使いますが、冷麺だけはすすりOKと覚えておきましょう。

箸とスプーンの使い分けが少し面倒という人は、お椀(汁物やご飯)はスプーン、皿(おかず)は箸と覚えておけば間違いありあませんよ。

箸とスプーンは同時に使わない

韓国料理では箸でおかずを取ってご飯の上に置き、スプーンでご飯とおかずを食べます。

日本なら箸だけで済む作業ですが、韓国では箸とスプーンを交互に使う機会がたくさんあります。

「どうせまた使うから」と使わない箸をもう片方の手で持ったり、皿の上に乗せたりするのはNG。

箸をきちんとテーブルに置いてからスプーンを使います。

使わない方はテーブルの上に置くと覚えて下さいね。

これは食事中に小休憩をはさむ時や食べ終わった後も同じです。

食べ終わりに箸やスプーンを皿の上に揃えて置くのもNGですよ。

箸を使う時のマナーとは?

箸とスプーンの置き方

一人の食事と数名の食事では箸とスプーンの置き方が変わってきます。

一人用の場合はお膳の右手前にスプーンを置き、その奥に箸を横向きに置くのがマナー。

数名の食事の場合は、左がスプーンで右が箸。

箸もスプーンもすべて縦置きになります。

箸の先端やスプーンの頭は自分とは反対側の向きにしておくのがマナーです。

食べ終わった後のスプーンの向きにも注意が必要。

日本ではスプーンを下に向けて置きがちですが、韓国ではその逆。

食べ終わったあとのスプーンは表向きで置くのが正解です。

直箸(じかばし)はマナー違反ではない

大勢での食事で大皿の料理を取り分ける時、日本では取り箸を使い、直箸はNGとされていますよね。

韓国では取り箸というものが存在しないので、直箸はマナー違反になりません。

おかずを食べる時はもちろんのこと鍋の時でも各々が自分の箸やスプーンで料理を取ります。

日本人には少し抵抗のある直箸ですが、慣れてしまえば気にならなくなるかもしれません。

私が以前、韓国の友人に食事をご馳走になった時、大皿のおかずを各自が直箸で取るスタイルでした。

初めは少し抵抗がありましたが、みんなで楽しく食事をしているうちに直箸のことは気にならなくなりましたよ。

直箸以外にも渡し箸のマナーも日本と韓国では違いがあります。

日本ではおかずを箸同士で渡す「渡し箸」はNGですよね。

これは亡くなった人の火葬後、お骨を箸で渡す日本文化からきていますが、韓国ではそういった文化がないので渡し箸はマナー違反にはなりません。

箸とスプーンを使う時の注意点

音を鳴らさない

日本と同様、韓国でも食事の際に箸を食器にあててカチカチと音を立てるのはNGです。

韓国の箸やスプーンはステンレスや銀で出来ているので、食器に当たって音がしないように注意する必要があります。

スプーンに付着させない

スプーンや箸に食べ物がついたままにするのはマナー違反です。

キムチなど箸に付着しやすい食べ物の場合は特に注意が必要。

スプーンは食べ終わった後で表側を向けて置く習慣があるので、食べ物が付着した状態でスプーンを置いてしまわないように気をつけましょう。

韓国の箸の名前は?

韓国箸(チョッカラ)

スジョって何?

韓国語ではスプーンのことを「スッカラッ」箸のことを「チョッカラッ」と呼びます。

スプーンと箸のワンセットを、スッカラッの「ス」とチョッカラッの「チョ」を組み合わせて「スジョ」と呼びます。

韓国レストランで箸とスプーンのセットが欲しい場合は、「スジョ」という言葉を使うといいですよ。

日本の箸と韓国の箸の違い

素材の違い

日本の箸と韓国の箸では使っている素材が違います。

日本の箸は木製やプラスチック製など軽い素材のものが多いですが、韓国の箸は銀かステンレス製になります。

一般的なのはステンレス製の箸で、表面がツルツルしていて重いので、日本人には使いづらいかもしれません。

私も韓国で料理を食べた時に、箸が使いづらくて悪戦苦闘した経験があります。

慣れるまでには少し時間がかかるかもしれませんね。

形の違い

日本の箸は先がとがっているので、魚の骨まで綺麗に取り出すことができますよね。

韓国の箸は日本のものより細くて平らが基本形です。(最近では丸いモノも多くなっています)

大皿からおかずを取る時などに箸を使うので、先を細く丸くする必要がないんですね。

他にも日本では、男性用箸、女性用箸、子供用箸など性別や年齢によって箸の長さや形が変わりますが、韓国では全て同じ箸を使います。

性別や成長に合わせて箸を変えるということはしません。

個人用の箸はない

日本ではお父さんの箸、お母さんの箸、お兄ちゃんの箸…など各々が個人用の箸を持っています。

自分の箸を家族の誰かが使ってしまって嫌な思いをしたなんていう話があるほど家の中でもマイ箸文化がありますよね。

韓国では個人用の箸というものはなく、家族みんなで共有します。

「家族でなんでも共有する」という精神があるので、箸だけでなくお茶碗や食器もみんなで共有するのが当たり前なんですね。

箸にそんなに種類が無いというのも理由の一つかも知れないですね。

どれを使ってもペアになるから効率的ですし^^

スポンサーリンク

韓国箸おしゃれな初心者用~上級者用スジョ

初心者にオススメのスジョ

シンプルなステンレス製スジョ

伝統的な韓国箸は上記のように、柄(え:持ち手)に柄(がら:模様)が付いたものが多いですが、最近流行りのものはステンレスで真空二重構造なので軽くて衛生的です。

韓国ドラマの定番シンプルなスジョ。

余計な加工が施されていないステンレス製なので、傷がつきにくく長く使えるのが特徴です。

箸の先には滑り止めがついており、初めての人でも安心して使うことができますよ。

スジョと器のセット

これ一式で韓国気分を味わえるお手軽なスターターセット。

器はステンレスの二重中空構造で保冷・保温に優れています。韓国ドラマを見ながら食事をすれば気分が上がりますよ。

上級者用おしゃれなスジョ

ヴィンテージ風のスジョ

ステンレスのツヤツヤ感が苦手という人には、ヴィンテージ感のあるスジョがオススメ。

ステンレス製ですがマット加工がされているので、モダンな食器との相性も抜群です。

韓国のお洒落カフェのような雰囲気を楽しむことができますよ。

真鍮(しんちゅう)製のスジョ

高級感漂う真鍮製のスジョは自分用はもちろんのことプレゼント用にもピッタリ。

殺菌効果があり、金属の有害成分が溶けださないなどのメリットもありますよ。

お手入れと保存に少し手間がかかりますが、きちんと手入れをすれば長く使える製品です。

まとめ

韓国の食事では箸よりスプーンをよく使い、配膳する時は箸とスプーンをワンセットで置きます。

おかずを取る時は箸を使い、ご飯や汁物はスプーンを使って食べるのが基本です。

韓国語では箸の名前がチョッカラ、スプーンの名前がスッカラ、その頭文字をとってセットでは「スジョ」と呼びます。

韓国箸はステンレス製で平たく重いので、初めは少し使いずらいかもしれません。

初心者は最近流行りの真空二重構造の韓国箸で先に滑り止めがついたタイプを使うといいですよ。

韓国箸上級者にはおしゃれで高級感のあるヴィンテージや真鍮製の箸がオススメです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました